森の生態研究所のURLは、2021年1月21日より下記のように変わりました。

      https://morinoseitai.com



5.高尾山季節情報(5月31日更新)

 高尾山の5月は、晴れた日があまり続かず曇りや雨の日のや
や多い一月でしたが、5月の降水量としては多くも少なくもない雨
量でした。気温は高めに推移し、徐々に高くなって行きました。こ
のような気象条件のもと植物では春から初夏にかけて見られる
草や樹の花などが見られました。また鳥類については夏鳥など
が確認され、留鳥の幼鳥などが見られたり採餌行動などが見ら
れました。哺乳類ではフィールドサインなどが確認されました。両
性爬虫類ではオタマジャクシなどが見られました。昆虫類ではチ
ョウなどが目立ちました。
 植物では、ユキノシタ、サワハコベ、ミゾホオズキ、セッコク、イ
ナモリソウ、ナルコユリ、オカタツナミソウ、ニガナ、ミヤマナルコ
ユリ、ハンショウヅル、エゴノキ、シラキ、ガマズミ、マルバウツギ、
テイカカズラ、スイカズラ、ジャケツイバラなど草や樹の花などが
見られました。
 鳥類では、夏鳥ではアオバズク、ホトトギスなどが確認され、留
鳥ではエナガの幼鳥などが見られ、イカルの採餌行動などが見
られました。
 哺乳類では、アナグマの掘った穴やムササビの食い痕などが
確認されました。
 両性爬虫類では、モリアオガエルの声などが聞かれ、タゴガエ
ルのオタマジャクシなどが見られました。
 昆虫類では、オナガアゲハ、クロアゲハ、モンキアゲハ、ジャコ
ウアゲハ、アオスジアゲハなどアゲハ類が見られ、この他スミナ
ガシ、イチモンジチョウ、コミスジ、クロヒカゲ、コジャノメ、ダイミョ
ウセセリ、ムラサキシジミなどが見られ、チョウ類などが目立ちま
した。




 ・鳥類(主なもの)

留鳥 ヤマガラ、シジュウカラ、ヒガラ、エナガ、メジロ、イカル、コゲラ、アオゲラ、ウグイス、キセキレイ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、キジバト、ハシブトガラス、カルガモ、フクロウなど
夏鳥    ヤブサメ、クロツグミ、オオルリ、キビタキ、ツバメ、イワツバメ、ホトトギス、アオバズクなど
 分布を広げている鳥?  リュウキュウサンショウクイなど
かごぬけしたり、放鳥されたものが野生化した鳥 ガビチョウ、ソウシチョウなど

 5月は、夏鳥では、イワツバメなどが抱卵し?、アオバズク、ホトト
ギスなどが確認されました。また留鳥ではエナガの幼鳥などが見ら
れ、イカルの採餌行動などが見られました。
 イワツバメが、上旬に麓の流れのそばにある泥を盛んに集めてい
るのが見られましたが、中旬には高架下などの巣でじっとしているの
が見られました。おそらく抱卵しているのではないかと思われました。
 アオバズクが、中旬や下旬に夜確認されました。中旬には夜フクロ
ウとニアミスがありましたが、アオバズクが鳴き声を間断なく発するこ
とで?何とかその場をしのいだようです。
 エナガの幼鳥が、中旬には見られました。エナガは留鳥の中では繁
殖活動の早い方ですが、高尾山頂付近では10羽位が集団となり、餌
を探したり、くつろいでいるのが見られました。
 イカルが、下旬に見られました。高尾山頂付近でイカル2〜3羽が
サクラの赤い実をついばんでいるのが見られました。


 ・哺乳類(主なもの)

姿、フィールドサインなど アナグマ(掘った穴)、ムササビ(食い痕)など

 3〜5月は、冬眠から目覚めたアナグマなどが動き始めたり、ムサ
サビなどが食料となる新葉を求め餌の種類を変える頃です。
 アナグマの掘った穴が、上旬に見られました。中腹を横切る遊歩道
の谷側のわきにアナグマの掘ったと思われる浅い穴が1つ見られまし
た。この付近は毎年のようにアナグマの掘った穴が見られますが、今
年も同じ時期にほぼ同じ場所で見られました。なお2022年6月この
穴の近くでアナグマの親子が観察されています。
 ムササビの食い痕が、上旬に遊歩道などに見られました。尾根を
通る遊歩道にツクバネガシやウラジロガシの新葉の食べられた痕の
ある枝が遊歩道や遊歩道のわきに落ちていました。


・両性爬虫類(主なもの)

両生類など カジカガエル(声、姿)、モリアオガエル(声)、タゴガエル(オタマジャクシ)など
 爬虫類など  シマヘビ(成体)など

 麓の案内川では、カジカガエルの声が多く聞こえるようになっ
てきましたが、時折石の上にいる姿が見られました。
 麓の池では、モリアオガエルの声が聞こえるようになりました。
 山中では、タゴガエルの幼生が、オタマジャクシにまで成長し
ていました。一時期タゴガエルの幼生が大分見られなくなり、生
存が心配されましたが、下旬には少なからずのオタマジャクシが
見られました。



・昆虫類(主なもの)

地面付近にいたもの コミスジ(成虫)、イチモンジチョウ(成虫)、クロヒカゲ(成虫)、テングチョウ(成虫)、マルハナバチの一種(成虫)、ハナバチの一種(成虫)、マガリケムシヒキ(成虫)、ヒメツチハンミョウ(成虫)など
 飛んでいたもの   カラスアゲハの一種(成虫)、モンキアゲハ(成虫)、オナガアゲハ(成虫)、クロアゲハ(成虫)、アサギマダラ(成虫)、ムラサキシジミ(成虫)、オオスズメバチ(成虫)、クマバチ(成虫)など
花にいたもの   ジャコウアゲハ(成虫)、アオスジアゲハ(成虫)、ツマグロヒョウモン(成虫)など
樹液を吸っていたもの   コジャノメ(成虫)など
 枝葉にいたもの  スミナガシ(成虫)、ダイミョウセセリ(成虫)、コムライシアブ(成虫)など
 水辺近くにいたもの  カワトンボの一種(成虫)など

 例年ですと5月頃は、チョウ、ハチ、アブ、甲虫などほとんどの
類ごとに昆虫が目立ってくる時期ですが、5月は、アゲハなどの
チョウが目立ちましたが、甲虫などはあまり目につきませんでし
た。もしかするとコナラ、クヌギ、カシワ、アカガシなどブナ科樹木
のキクイムシによる大量の枯死が、林内環境を変え、チョウや甲
虫など昆虫の棲息に影響しているのかもしれません。


・植物(主なもの)

        ユキノシタ(白色)、サワハコベ(白色)、イナモリソウ(白色)、ナルコユリ(白色)、フタリシズカ(白色)、ミヤマナルコユリ(白色)、ギンリョウソウ(白色)コミヤマスミレ(白色)、ギンラン(白色)、チゴユリ(白色)、セッコク(白色〜淡紅色)、クワガタソウ(淡紅紫色)、ミゾホオズキ(淡黄色)、ミツバツチグリ(黄色)、ニガナ(黄色)、ヤブヘビイチゴ(黄色)、キンラン(黄色)、イワニガナ(黄色)、オニタビラコ(黄色)、ホウチャクソウ(淡緑白色)、サイハイラン(淡緑褐色で紅紫色を帯びる)、シャガ(淡白紫色)、ハンショウヅル(暗紅紫色)、オカタツナミソウ(淡紫色)、ジュウニヒトエ(淡紫色)など
樹木    〔高木〕エゴノキ(白色)、ミズキ(白色)、ホオノキ(白色)、ウラジロノキ(白色)、ニセアカシア(白色)など
〔小高木〕ヤブデマリ(白色)、カマツカ(白色)、シラキ(黄色)、マユミ(緑白色)など
〔低木〕ガマズミ(白色)、マルバウツギ(白色)、コゴメウツギ(白色)、ガクウツギ(白色)、ミツバウツギ(白色)、コバノガマズミ(白色)、ツクバネウツギ(白色)、ツリバナ(緑白色または淡紫色)、ヤマツツジ(朱色)など

〔つる〕テイカカズラ(白色)、サルナシ(白色)、スイカズラ(白色、黄色)、ジャケツイバラ(黄色)など
  〔高木〕ヤマザクラ(黒紫色)など
6月に開花の期待される樹木 樹木  ヤマボウシ(小高木)、ウツギ(低木)、ヤマアジサイ(低木)、ムラサキシキブ(低木)など

 5月は、春に咲く植物から初夏に咲く植物へと変わって行く時期ですが、
5月下旬時点で花をつけていた草や樹は下記の通りです。
 谷では、ユキノシタ、サワハコベなどが白い花をつけ、ミゾホオズキが流
れの際で黄色い花を咲かせていました。またスギの枝上にはセッコクの白
っぽい花々が時折見られました。
 中腹から尾根にかけては、イナモリソウ、ナルコユリなどが白っぽい花を
つけ、オカタツナミソウが淡い紫色の花をつけていました。
 樹木の花については、高木ではエゴノキが白い花を咲かせ、その花びら
が時折地面に落ちており、これによりエゴノキの存在に気づく時がありまし
た。また小高木では、シラキが黄色い花をつけ、低木ではガマズミ、マルバ
ウツギなどが白い花をつけていました。
 つる植物では、テイカカズラが白い花をつけ始め、スイカズラが白や黄色
の花をつけ始めました。またジャケツイバラが黄色の花をつけていました。
 なお6月に開花の期待される樹の花は、ヤマボウシ(小高木)、ウツギ(低
木)、ヤマアジサイ(低木)、ムラサキシキブ(低木)などです。
 


 

森の生態研究所